猫とミニチュアダックスの里親の猫犬ブログ♪
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

by ニャンわんの里親せんちゃん | - | - | ↑PAGE TOP
お知らせです!
■ダックスのことで ご心配をおかけしております。
励ましのコメント 本当にありがとうございます。
思うんですが、やはりココは「アポニャンメインのブログ」にしようかな、と。

花の病気の事ばかりがエントリーになりがちなので
私自身が 楽しくない!

それに見て下さってる方はほとんどニャンコブロガーさんでしょうし
ダックスの椎間板ヘルニアの話を聞いても楽しくないし、
コメントのしようがない方達がほとんどでしょう。

なので、花の病気の話はこれ以上ココではしない事にします。


■近々、新しいブログをオープンさせようと考えています。

ダックスの椎間板ヘルニアの戦いオンリーのブログです。

アポロのFUSについて綴ったように 治療の過程や診療代金、
花の症状についてはこちらでお伝えして行こうと思います。
この病気は診療代も トータルするとものすごくかかります。
犬の診療は猫の診療より 何に付けても高いです。
一度に大きな出費になるので 本当に参りました。

なので、ダックスと暮らしていらっしゃるブロガーさんのためにも
いつ訪れるかわからない、ダックスにも飼い主にも最悪なこの病気について
書き残して置こうと考えました。

少しずつ進行中なので 完成時点でリンクしますね。
※現在、未公開のままになっております。ごめんなさい。




...花は 少しずつ良い報告ができるようになってきてはいます。
でも、そんな簡単に治る病気ではないので 少しずつ少しずつです。
今の私は本当に後悔しています。
もっとダックスの事を知っておくべきだった...
by ニャンわんの里親せんちゃん | comments(13) | - | ↑PAGE TOP
花の退院、そして復活へ♪
《 椎間板ヘルニアとの戦いの記録 3 》

■3/21日のお昼(発症から5日め)
入院している花ちゃんを迎えに行ってきました。


先生がケージから出しに行かれた時、聞き慣れた花の吠える声が聞こえました。
先生が連れて来られ、花を床に降ろした途端。勢い良く私の方へ歩いて来ようと...
立ち上がって歩こうとする花だけど すぐにへたってしまいます。
でもヨタリながらも お尻を引きずって歩いてきました。
元気のバロメーターであるシッポもほんの少しだけ 振ることができています。
先生も『うん、やっとここまでになったんですよ。』

狭いケージの中で4泊5日を過ごした割には思ったより元気で、
初めて連れて来た時より ほんの少し良くなっていました。
でも、さすがにストレスが溜まっていたようで
身体のあちこちに白いフケが出ていましたし、痩せていました。

《 症状のマトメ... 》
そして先生のお話をまとめてみると....
『悪くなるのはとても早い病気だけれど、治るのにはとても時間がかかる病気』

・膀胱炎になっていてカテーテルを膀胱に入れているので(取れないように身体に
 縫い付け)自力で排尿できるまでは注射器で日に何度も吸い上げてあげる事。
・排便は入院中に一度もせず。腸の中にかなり溜まっているけれど
 食欲はあるので 溜まりきれずに自然と便が押し出されて出て来るはず。


ここで、私は思いました。元の飼い主さんが排尿排便は外でさせていたので
病院のケージの中ではしたくても我慢していたんだろうな、って。
花は排尿や排便の時は短い声で『うーっ』と、外でしたいと催促します。
だから自宅では自力で排便の可能性は十分にあるだろうって、勝手に楽観視していました。

・筋肉注射をしたのであとは薬での治療が始まります。
 膀胱炎を治す薬と神経障害を治す薬の2種類です。
・カテーテルを付けると言うのはストレスの元なので
 早く膀胱炎を治さないといけません。
 また、付けた状態にし続けると カテーテルのところから菌が入って
 最悪の場合は「腎盂炎」になる事もあるそうです。
・あとは、飼い主さんのリハビリと愛情がカギだそうで、治る犬も入れば、
 治っても麻痺が少し残る犬もいる、との事。。


《 リハビリ 》
さて、自宅へ戻ってからが大変です。
・人間のリハビリと同じで、
 動かさないでいると筋肉が収縮して動けなくなるので
 とにかく負荷を与えすぎない程度に両手両足を動かす事が必要。


目を離すと勝手に動き回る花ちゃんなので目が離せません。
腰を支えながら後をくっついて行かねばなりません。こっちがヘルニアになりそう。

・一番良いのは 水泳など全身運動ですが、無理なのでお風呂の中に入れてあげて
 おなかを支えて 犬かきをさせるのがラクで良いとの事。
・あとは毎日後ろ足のマッサージをする。


2〜3日したら 様子を見せに病院へ行かねばなりません。

《 コレまでの治療代 》
■■ 病院でかかった4泊5日の治療費の内訳 ■■
※尚、病院によってかなり違うと思いますのでご参考程度に。

01. 初診料            1,000
02. レントゲン2枚        4,000
03. 静脈注射料×5        10,000
04. 皮内・皮下・筋肉注射×4     8,000
05. 皮内・皮下・筋肉注射×1     1,500
06. 血液生化学検査×11      4,400
07. 全身麻酔料          6,000
08. 処置料            10,000
09. 内用薬4日分(膀胱炎)     1,240
10. 内用薬4日分(神経障害)    1,080
11. 入院料4日分          8,000
              計 ¥55,220(税抜)
12. 消費税             2,761
_________________________
            総合計  ¥57,981(税込)
今回はかなりの費用がかかりました。いきなりなので私自身にとっても 金銭的にかなり辛いです。でも、これからだ!

《 帰宅後... 》
これから花の神経障害を改善する日々の始まりです!
絶対に車いすには乗せません!! でも。どのくらいかかるのでしょうか....

内用薬2種類は ご飯(ヒルズ)に混ぜて飲ませ(食べさせ)ます。
いつも皿まで舐めるので 猫と違ってとっても飲ませやすいです♪
アポロのFUSの時は苦労しましたけどねぇ...


■3/23日(発症から7日め)
そして、退院後2日経過しました。
昨日は 先生から『いかがですか?』と電話がありました。
なんと 嬉しい事に 花は 順調に改善し始めましたっ♪(^-^)/
排便も少し出来るようになったし(でも、家の中でデスが...)
少しだけ 立ち上がれるようになってきました♪♪
あまりに早いので 先生のお話がウソのようです!
自分で歩こうとする気持ちが 病気に勝てるのかもしれません!

でも....何故か 息が荒いんです。
ハァハァ...と小刻みに息を口から吸込んでいるので
息をするのが苦しいのか、動くと体力を消耗するのでハァハァしてるのか.....肺炎? 
とにかく病院へ行ってきました。

《 椎間板ヘルニアとの戦いの記録 4 》
へ続く。。
by ニャンわんの里親せんちゃん | comments(11) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
生きてるんだから!
《 椎間板ヘルニアとの戦いの記録 2 》
■午前0時を回りました。
仕事も終わったので 取り急ぎのご報告です。
励ましのコメント 本当にありがとうございます!

今日のお昼頃、花ちゃんを迎えに行くことになりました。
4泊5日の入院でした。
電話で毎日先生に病状を聞いていたのですが....

結果は よくありません。
悲しい結果です。

■自力の排尿ができません。
排便は 溜まって押し出されるという感じで
自力では踏ん張れません。
つまり、後ろ足は両足とも 麻痺したままだそうです。
膀胱炎になっているそうですし、自力排尿ができないので
カテーテルを入れて 注射器で吸い取る...という看護が
必要との事。

今後の治療でも 下半身不随の状態が治る見込みは
期待できない....という最悪の結果になりそうです。

退院後は、自宅でリハビリに入ります。
具体的なお話は 明日迎えに行った時点で
詳しく聞けると思います。

初日のエントリ−より だいぶ落ち着きましたが...
5日間 花ちゃんの顔を見てないので
会えるのは とても嬉しいんですが
明日は 会ったら 泣きそうです。。

でも、生きてるんだから。

あと約11時間後!

 病院行く前の花
by ニャンわんの里親せんちゃん | comments(5) | - | ↑PAGE TOP
花が入院しました...(泣)
■しばらくぶりのエントリーがこんな報告になるとは
思ってもいなかったです。

本当は3/15に猫のアポロが3歳のバースデイを迎え、
そのエントリーをしようと思っていたのですが....
ぶっ飛んでしまいました......(..)

数日前から、なんか花ちゃんがおかしい....
で、今朝の事です。
花ちゃんの後ろ足が ふらつく症状が...
ついに 引きずって歩くように....

さきほど、病院から帰って来たばかりです。
ミニチュアダックスの花ちゃんが病気になってしまいました。
レントゲン、注射2本、レーザー治療などを終えて、即、入院。
ものすごく ショックです...

病名は、胴長短足のMダックスには一番多く、最悪な『椎間板ヘルニア』です。
どんな病気かはコチラ↓を見て下さい 。
■動物病院(獣医さんの日記)『椎間板ヘルニア』1
■動物病院(獣医さんの日記)『椎間板ヘルニア』2
■動物病院(獣医さんの日記)『椎間板ヘルニア』3
■動物病院(獣医さんの日記) 『犬種と病気』

★それと、よく「震え」があったりする犬猫がいると思いますが、この症状で一番多いのが“痛み”から来る震えで、椎間板ヘルニアの症状かもしれないそうです!
■動物病院(獣医さんの日記)より一部抜粋;
症状:典型的な例だとちょっとした買い物から帰ってきたら後ろ足の様子がおかしい。症状が重度の場合には、この時点で後ろ足を引きずってしまっている場合もあります。

原因:簡単に言えば骨と骨のクッションをする椎間板といわれる軟骨でできたやわらかい外力を和らげるクッションのようなものがあります。その軟骨でできている部分が、骨化しやすく外力に対してショックを和らげるどころか、外力のせいでその骨化した部分がはみ出やすくなります。しかもどちらかというと上側のほうが弱いので上に飛び出すことが多くなります。そうなると上には背骨に神経があります。その神経は骨で楕円形のように囲まれているので出てきた骨のような物質などの圧迫をもろに受けてしまいます。
 そうなると圧迫を受けた神経の後ろ側が 麻痺してしまいます。状況によっては、膀胱に行く神経も麻痺されるため自分で尿や便が出せなくなる場合があります。

まさに、この症状なんです....
排便は今朝もあったんですが....排尿は....
しかも花ちゃんの場合は 首の後ろ、背中の真ん中、お尻のあたり....の3カ所も骨と骨の間にある椎間板が薄くなっていました。

今日が初診なので 様子を見ないとわからない...と先生のお話でしたが、
この症状は 一ヶ月や二ヶ月と言う短期でなく、1年以上前からの症状の蓄積で起こるものだそうです。
つまり、元の飼い主さんから私の家に来た時には すでにこの病気が花ちゃんの体を蝕んでいた可能性が大きい、ということ。来た時は7キロもあって ヤバイと思ってなんとか1キロ以上ダイエットさせたんですけど....

《 今後の見通しとして.... 》


1:まず、数日の入院治療で自力で排尿できるようになるかどうか見る。
 排尿できないとアポロが昨年2月になったように 毒素が溜まるので人の手で出してあげなければならない。
 ただ、♀なので♂よりも そういう看護は難しい....
 このまま自力排尿、排便が無ければ、カテーテルを付けたままの生活になると言うお話。(涙)

2:薬物療法など注射をうって 反応の様子を見る。
 
3:それでも改善が見られない場合は、最悪、手術になる、とのこと。

4:良くなるのは最短でも1ヶ月以上かかる。すぐには治らない病気。
 さらに、今後再発する可能性もある。


5:ただし、良くなっても...後ろ足に麻痺が残る可能性有り。
 最悪、重度の神経障害がある場合.....車いす生活
を余儀なくされるかもしれない、とのお話でした。(...大泣)
 でも、命が消えると言う事は 無い!
と言うお話でした。



....これって。現実の事なの!? なんで花ちゃんなの??
いきなり交通事故にあったような感覚です。
犬として生を受けた優しい花ちゃんが 自分で歩けなくなるかもしれないなんて....

2年前の愛猫の死。 去年のアポロのFUS。 そして今年は花ちゃんまで....

毎年毎年....こんなこと....もう耐えられないです。

最悪の結果なら、このブログも 続ける気がなくなるかもしれません。

とにかく、今は花ちゃんの症状を見守る事しかできないのが 歯がゆいです。
今頃、病院でどうしてるのかなぁ....
いつも側にいる花ちゃんが いないのって さびしいな。。

 ....こんな状況下なのに 急ぎの仕事をしなければなりません。あと2日で解放ですが...(*-.-)
by ニャンわんの里親せんちゃん | comments(5) | - | ↑PAGE TOP
 W E L C O M E ♪
●アポロと花に愛に来てくれてありがとう♪


花 アポロ

猫大好きなボクが、ピンクの肉球を持つ
アポロと出会った♪そしていつの間にか
犬嫌いのボクなのにM・ダックスの花も
一緒に家族になった!なんて事だ!(^_^;)

ペットには病気が付きもの。でも大丈夫!
アポロは「FUS」「膀胱炎」を克服♪
花も「椎間板ヘルニア」になったり、
昨年は「てんかん」の発作が出たり...
大変だったけれど、ついに克服♪

★このブログは“ニャンわん”生活を綴る
気まぐれ「写真ショー」である!...たぶん

いつでも里親募集中
 せんちゃんの猫Tシャツ
せんちゃんのTシャツショップOPEN!
Tシャツ・バラエティ

▼商品のお求めは下の各画像をclick!

《 ニャンコがいっぱい♪》





   ペットのために!

オリジナル写真集ならMyBook

≫ ペットの医療&情報サイト ≪
ニャンバーワン!
ニャンバーワン!
★写真やプロフィールを専用のマイページに載せたり、
ペットの悩みを獣医やトレーナーに無料相談できます!

≫ 猫の病気について ≪
イラストでみる猫の病気
イラストでみる猫の病気
かかりつけの先生はこの本で説明してくれました!
 最近のニャンわん
 コメントありがとう♪
 いろいろカテゴリー
  ニャンコ・グッズ♪

★にゃんこヒルズ!爪とぎスロープ付き♪
ネコちゃんが大好きなダンボールで出来てます!


★アジアンニャンモック オレンジフラワー
ってネコもハンモックで寝る時代!?


★ニャンコの寝姿ほど可愛いものは無い♪


★ヒルズ 猫用 z/d ドライ 2kg 食物アレルギ°からくる症状に対処する処方食


獣医師推奨★ニャンコの循環式水飲み機!
結石の形成を減少・回避し、泌尿器系の病気予防に



F.L.U.T.Dに配慮し、毛玉の軽減を助ける♪
・マグネシウム含有量 0.08%以下なのだ! アポニャンはコレばっかりです(^-^)

   花のイチオシ♪

犬って洋服が似合うんだね〜♪

イラストでみる犬の病気
イラストでみる犬の病気
かかりつけの先生も愛用してます!
 ステキブロガー・リスト♪
 ▼ BlogPeople & TB_P
   
 みんなのペットLinks♪
 ▼ ニャンコ・ブロガーの証!
  

 ▼ ニャマゾンメイツ専用《 gallery2005 》No.27
  gallery2005_shun

 ▼ 参加中のお祭り
 ・ネコじたまつり  (終)うらめしや〜祭り
 ・にくきうまつり3


 ▼ 全国動物病院の検索はココで!
  

 ▼ 札幌の里親さんはココで!
 
 せんちゃんプレゼンツ♪
  ▼ニャマゾンメイツの仲間達♪
   ニャイコン同盟

   同盟員List*別窓

  ビックリにゃん祭り ビックリにゃん祭り
 せんちゃん...ナニモノ?
   イラストレーター

 札幌在住の広告イラストレーターを本職としています。
 出版界でもペンネームを「SenJ4」として活動中です。
 イラストギャラリーのサイトとブログ3個も掛け持ち♪
 とっても可愛いニャンわんの里親でもあります。

   Go! My Site

   Go! My Blog

   管理人です

  ▲☆ピンクの肉球♪ネコパンチ《 キヌガサ 》
  現在のメンバー数 123人♪
  • SNS《 キヌガサ 》&《 mixi 》在籍中desu.
アポロ&花
 Aponyan's Bar
 
 
 トラックバックありがとう!
 過去のÆ›・ボイス

 ★ニャンボイスを探してみる?
 札幌と東京の温℃差
 
 
 Macがオススメ♪
 I'm Mac User♪
 アポÆ›ブログはMac OS Xで制作されています。
 SafariまたはFirefoxでの表示がベストです。


▲せんちゃんもロリポユーザー♪安っ!
100Mのロリポブログが3つも付属してます♪